藤岡市事業者継続支援金(申請期間を令和4年1月31日(月曜日)まで延長しました)

更新日:2022年01月28日

新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年又は前々年同月比で20%以上減少している市内事業者に対して、支援金を支給します。

対象者

藤岡市内に事業所や店舗(支店や営業所含む)を有する法人または個人事業者で、「まん延防止等重点措置」または「緊急事態措置」の影響を受けた者であり、かつ、営業時間短縮要請に協力した飲食店等と直接・間接の取引がある者または不要不急の外出、移動の自粛による直接的な影響を受けた者。
注釈:以下の者を除く
1.群馬県感染症対策営業時間短縮要請協力金の支給を受けている者
2.「暴力団員による不当な行為の防止などに関する法律」第2条に規定する暴力団並びに暴力団員
3.事業者から会費等の収入を得て事業を行っている協会や組合、経済団体等
4.宗教上の組織若しくは団体
5.政治団体

対象業種

日本標準産業分類に規定されている業種とします
・農業、林業・漁業・鉱業、採石業、砂利採取業・建設業・製造業・電気、ガス、熱供給、水道業・情報通信業・運輸業、郵便業・卸売業、小売業・金融業、保険業・不動産業、物品賃貸業・学術研究、専門、技術サービス業・宿泊業、飲食サービス業・生活関連サービス業、娯楽業・教育、学習支援業・医療、福祉・複合サービス事業・サービス業(他に分類されないもの)

支援金額

1事業者5万円(1回限り
注意:課税対象となるため、確定申告の対象となります。

申請期間

令和3年10月1日(金曜日)から令和4年1月31日(月曜日)まで

申請要件

支援金の対象となる者は、次に掲げるすべての要件を満たす市内事業者とします
(1)群馬県感染症対策営業時間短縮要請協力金の支給をうけていないこと
(2)令和3年9月1日以前から事業により事業収入を得ており、支援金を申請する日以後も市内で事業を継続する意思があること
(3)次のア又はイのうちのいずれかに該当する事業者であること
ア:資本金の額又は出資の総額が3億円以下であること
イ:資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は、常時使用従業員の数が300人以下であること
(4)令和3年8月または9月中の売上において、前年または前々年同月比で20%以上減少している月が1箇月以上であること
・市外に本社がある事業所については、市内の支店や営業所等の売上が20%以上減少した場合に対象
・市内に複数の支店や営業所等を持つ事業者の場合、1事業所の申請とし、各支店や営業所ごとの申請はできません
・創業後間もない場合は、対象月の直前3箇月の平均が出せること
(5)確定申告をしていること

申請書類

(1)支援金申請書(Wordファイル:17.9KB)
【記載例】支援金申請書(PDFファイル:129.9KB)
(2)支援金請求書(Wordファイル:17.5KB)
【記載例】支援金請求書(PDFファイル:118.3KB)
(3)暴力団排除に関する誓約書(Wordファイル:26KB)
【記載例】暴力団排除に関する誓約書(PDFファイル:111.1KB)
(4)チェックリスト(Wordファイル:16.7KB)
(5)確定申告書(法人の場合:法人税確定申告書別表一、個人事業主で白色申告の場合:第一表、個人事業主で青色申告の場合:第一表および所得税青色申告決算書)
(6)法人事業概況説明書の写し(法人の場合のみ)
(7)対象月の売上台帳等(本社が市外で、市内に営業所等がある場合は、市内の営業所等の売上がわかるもの。様式は任意、署名押印されたもの)
売上台帳がない場合に使う任意様式(Wordファイル:17KB)
【記載例】売上台帳がない場合に使う任意様式の例(PDFファイル:78.8KB)
(8)振込口座のわかるもの(通帳の写し)
(9)本人確認書類の写し(個人の場合)
注釈:(1)から(4)はこのホームページからダウンロードできるほか、市役所相談室(受付)、藤岡市鬼石総合支所、藤岡商工会議所、藤岡市鬼石商工会、各地区公民館にて配布もしています。
注意:申請書および請求書に使用する印鑑は、朱肉を使用する印鑑とします。

申請方法

藤岡市役所商工観光課へ「郵送」にて申請してください。
郵送先:〒375-8601藤岡市中栗須327
藤岡市役所商工観光課商工労政係

要綱、チラシおよびQ&A