トップ  >  各課  >  秘書課  >  記者会見令和3年4月8日

記者会見令和3年4月8日

記者会見の内容を公開しました

藤岡市鬼石地域移住・定住アクションプログラムの策定について

ようこそ、笑顔あふれるおにしへ!

詳細

 藤岡市鬼石地域では、平成18年1月1日の合併時6,993人であった人口も、わずか15年足らずで4,847人(令和3年4月1日現在)まで減少しており、毎年100人以上の人口減少は、さらに過疎化が進行し、地域住民の高齢化と併せ交通難民や買い物難民などの課題に直面することとなり、共助の基本である地域コミュニティーの形成さえ成り立たない状況が迫っています。
 ついては、このような状況から、本市第5次総合計画や「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を補完し、まちづくりビジョンを推進するとともに他の行政計画などと連動した移住・定住施策の実施を行うため、鬼石地域の実情に沿った移住・定住アクションプログラムを策定しました。
1.基本方針
 自然豊かな住みやすい鬼石地域への移住者増加を目指し、施策の充実および受入れサービスの向上を図るとともに、地域の特色を最大限生かした魅力あるまちづくりを進めます。
 また、人口減少を緩和させる施策を実施し、社会増減をプラスに転じることで、人口4,000人を維持することを目指します。
2.プログラムの期間
 令和3年度~7年度までをワンサイクルとし、PDCAサイクルに基づきプログラムの再編を図ります。
3.プログラムのターゲット
 自然豊かな鬼石地域の魅力をPRすることにより、子育て世代、I・U・Jターン希望者、第2居住地取得希望者等幅広い世代をターゲットとします。
4.プログラムの内容
 (1)雇用施策:当地域企業との連携により移住者の地元採用を積極的に実施していただくとともに、就農や起業への支援を構築していきます。
 (2)住居対策:地域の区長や地元ハウスメーカーなどと空き家・空き地などの情報共有を図り、空家バンクへの登録促進を強化します。
 (3)子育て施策:小中一貫教育推進構想による教育環境の充実による学びの環境整備と併せ子育て世代に必要な支援体制を強化します。
 (4)移住者支援策:移住者からの相談や案内・情報提供などを充実し、ワンストップで行う移住者支援体制を構築していきます。
 (5)情報発信施策:移住希望者へ情報発信を行うため、移住者向けホームページの作成や首都圏で行われる移住フェアなどに積極的に参加します。
5.アクションプログラム推進体制

アクションプログラム推進体制

問い合わせ

鬼石振興課0274-52-3111

鬼石地域活性化協議会設立について

民間主導!オール鬼石で地域の課題を洗い出し、移住・定住対策、地域活性化策を強化します!

詳細

 人口減少の著しい藤岡市鬼石地域の活性化をスローガンとし、定住対策・交流人口の盛んな街づくり・地域商業の活性化の3本の柱を主軸として、地域活性化策を民間主導のオール鬼石体制で協議・推進するため、3部会で構成する鬼石地域活性化協議会を設立します。
1.組織および活動概要
 (1)定住対策部会 定住対策を主とする部会
 ・各区長・ハウスメーカー等で構成し、I・U・Jターンなどの移住定住対策を協議します。
 ・特に、空き家・空き地の情報収集や移住希望者への情報発信を実施します。
 (2)アートな街づくり部会・・・アートによる交流人口の増加を目指す部会
 ・地元アーティストや地域振興イベントを行っている団体で構成し、アートによる交流・移住人口の増加策を協議します。
 ・毎年行われている「かんな秋のアートまつり」などのイベントをブラッシュアップし、地域の経済効果を波及させるとともに長期的なスパンでの企画を立案します。
 (3)地域振興部会 飲食店・小売店への経済効果の波及を実現する部会
 ・各飲食店並びに小売店主等で構成し、地域振興策を協議します。
 ・アートな街づくり部会と連携し、観光客を鬼石商店街へ年間を通し誘導する施策を検討します。
2.設立総会日時:令和3年4月15日(木)午後6時より
3.総会会場:鬼石総合支所 講堂
4.協議会メンバー
 鬼石地域の区長・区長代理・観光協会鬼石支部・鬼石商工会・学校長・PTA・子育連・警察・消防・地域振興を行っている団体代表など事務局を含め36名の委員が参加します。また、各部会員は先の組織などから選任された委員構成となり、さらに詳細な協議を行うことでより効果的な施策を協議します。

問い合わせ

鬼石振興課0274-52-3111

鬼石病院の医療体制強化

新たに3名の医師を迎え、鬼石地域の医療充実を図ります。

詳細

 鬼石病院では4月より循環器内科の権威である群馬大学名誉教授 医学博士 倉林正彦 医師が着任し、地域連携医療センター長として週3日の勤務がスタートしました。
外科医の補充、5月からは整形外科医も常勤医師として着任、さらには眼科の外来日数が増加し、鬼石地区の医療体制が強化されます。
1.内科医師(非常勤) 倉林正彦
 ・藤岡市出身、群馬大学名誉教授(前群馬大学医学系研究科循環器内科学教授)
 ・週3日の診療のほか、医師などの医療従事者に向けた講演会や、ウェブによる相談会を積極的に実施し、医療圏の住民が安心して暮らしていける地域づくりに尽力。地域医療の向上に貢献していきます。
 ・地域連携医療センター:地域の患者や医療関係者が安心の医療や相談が受けられる組織を病院内に新たに設置。倉林医師はその長となる。
2.外科系医師の補充
 ・外科医師(常勤) 山本英輝
  令和2年度中に退職、不補充であった医師の補充。
 ・整形外科医師(常勤) 小濱一作
  5月から鬼石病院開設以来初の整形外科の常勤医師着任。
3.眼科の外来診療の増加
 ・眼科医師(非常勤) 野田聡実
  現在、月1~2回の外来であるが、5月より毎週外来診療を実施。

問い合わせ

鬼石病院事務課0274-52-3121


<お問い合わせ先>
企画部 秘書課 広報広聴係
TEL:0274-40-2208(直通)
FAX:0274-24-3252
E-mail:hisyo@city.fujioka.gunma.jp

くらしの場面から探す

結婚
妊娠・出産
子育て・教育
成人・就職
税金
引っ越し
高齢者・介護
お悔やみ
藤岡市役所 〒375-8601群馬県藤岡市中栗須327番地
TEL:0274-22-1211(代表) FAX:0274-24-3252
アクセス藤岡市ホームページについて
藤岡市へのご意見(市長への手紙)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日および年末年始は除く)
水曜夜間窓口 : 住民票の発行や税相談などを行なっています
音声読み上げForeign Languages

Copyright © FUJIOKA CITY. All Rights Reserved.