トップ  >  各課  >  秘書課  >  記者会見令和3年7月21日

記者会見令和3年7月21日

記者会見の内容を公開しました

新型コロナウイルスワクチン対応関連

藤岡多野医師会と連携し、計画的にワクチン接種を継続

詳細

1.接種状況(7月20日時点)

接種率 16歳以上 64歳以下 65歳以上
1回目接種 44.88% 21.50% 84.10%
2回目接種 22.41% 3.09% 54.83%

2.接種体制
 集団接種:市民ホールを午前中のみ実施
 個別接種:予約枠を調整しながら31医療機関で実施
 県と連携:早期接種を希望する人に県央ワクチン接種センター(Gメッセ群馬)を案内
3.12歳以上15歳以下の方への接種(クーポン)券を発送しました
 発送日:7月16日(金)
 接種予約の開始:7月27日(火)から
 ※16歳以上34歳以下の方と同時に予約を開始していきます
 発送数:約1,850人(平成21年7月15日生まれまで)
 市の対応:市内個別接種実施医療機関あてに7月7日付け16歳未満の新型コロナウイルス感染症に係る予防接
      種の協力について、市長、教育長の連名で依頼
      接種(クーポン)券発送に合わせ、小児科医を中心に訪問等により協力依頼

問い合わせ

健康づくり課0274-40-2823

盛土緊急点検の実施結果

目視点検の結果、異常は認められませんでした

詳細

 静岡県熱海市で発生しました土石流被害を受け、藤岡市では、「藤岡市土砂等による土地の埋立て等事業指導要綱」に基づき、事業事前相談届出書が提出されたものの内、斜面に盛られた土砂を対象に目視点検を実施しましたが、甚大な被害を及ぼすような異常は認められませんでした。
1.点検対象事業
 事業事前相談届書の対象事業(高さ1mを超える埋立て、盛土及び2mを超える切土の事業区画面積が500㎡いじょうのもの)の内、斜面に盛られた土砂を点検対象
2.点検個所数
 13箇所(70箇所中)
3.点検実施期間
 令和3年7月8日(木曜日)から16日(金曜日)
4.点検実施者
 技術職2人

問い合わせ

都市計画課0274-40-2827

防災力向上のための訓練等の実施

自主防災組織等、関係機関と連携した訓練の実施などにより防災力の強化を図ります

詳細

1.自主防災組織などの関係機関への呼びかけ
 熱海で発生した土砂災害などを受け、避難の際に支援が必要な「避難行動要支援者」の逃げ遅れを防ぐため、自主防災組織をはじめとした警察署や消防署等の関係機関へ、避難行動要支援者名簿の活用方法について、改めて確認をお願いします。
2.避難場所運営訓練
(1)日時:令和3年8月6日(金曜日)午後3時30分から午後5時頃まで(約1時間30分)
(2)場所:藤岡市立小野小学校 体育館及び校舎
(3)参加者:小野地区自主防災組織、区長常任理事会、市長、副市長、市職員など 約100人
(4)概要:コロナ禍における円滑な避難場所の開設、運営を行うため、自主防災組織と連携した、開設準備や避難者の受付、トリアージなどを実施し、避難場所での対応方法等について確認を行います。
3.図上訓練
(1)日時:令和3年8月27日(金曜日)午前10時から午前11時頃まで(約1時間)
(2)場所:藤岡市防災センター 2階大会議室
(3)参加者:前橋気象台、藤岡土木事務所、下久保ダム管理所、消防署長、市長、副市長
(4)概要:台風等による河川の氾濫や浸水への対応を確認するため、時系列ごとに付与される様々な想定に対し、市長・副市長とのホットラインなど、関係機関との連絡調整をしつつ、状況の把握と具体的な処理・対応方法を確認します。

昨年度の訓練の様子

問い合わせ

地域安全課0274-22-7444

藤岡歴史館 令和3年度夏季企画展

群馬大学が発掘調査した神田A号墳の遺物が里帰りします!

詳細

 藤岡市域は、平成27年(2015)年度時点で1,511基の古墳が確認されている県下有数の古墳密集地です。本展示では、今から143年前の明治11(1878)年にはじまった古墳調査の歴史について、本市に文化財担当職員が配置される昭和52(1977)年までのものを対象に、図面や写真等の各種記録類や遺物から紹介します。
1.展示名
 藤岡歴史館 令和3年度夏季企画展「古墳をまもりつたえた人々」
2.会期等
 令和3年7月22日(木曜日・祝日)から9月12日(日曜日)午前9時から午後5時(最終入場午後4時30分)
 会期中無休、入館無料
3.場所
 藤岡歴史館 企画展示室
4.展示資料(主なもの)
 ・白石稲荷山古墳発掘調査(昭和8年)時の書簡・写真など
 ・白石古墳群測量図、調査日誌など
 ・神田A号墳出土遺物(鉄製品)
 ・旧美九里中学校郷土部採集資料
 ・高峯古墳出土遺物(埴輪、鉄製品)  計31点

古墳をまもりつたえた人々

問い合わせ

文化財保護課0274-22-6999

土と火の里公園 「夏の思い出作りWeek」

体験の夏!思い出の夏!!いつも以上に熱い!!!「土と火の里公園」を体験してみませんか

詳細

 ひと夏の思い出を、土と火の里公園で作ってもらえることを目的に毎年、お盆期間中の2日間、夏まつりを開催しておりましたが、3密及び感染症対策をとりながら開催するため、期間を1週間に伸ばし、分散して体験を楽しんでもらえるよう、各体験を予約制にして開催します。
 自然に触れ合い、3世代そろって楽しめる、ひと夏の思い出をたくさん作っていただくイベントになっております。
1.開催期間
 8月7日(土曜日)から15日(日曜日)(10日は休園日)
2.体験内容
(1)染色・陶芸・ガラス工房での特別体験
 染織工房:電池と磁石で動くコマ(1,000円)、ティッシュも入るマスクケース(1,300円)
 陶芸工房:せっけん粘土で作るアマビエ(1,000円)
 ガラス工房:サンドブラストで風鈴づくり(色あり・透明:2,900円)、吹きガラスで風鈴づくり(3,500円)、シーガラスと貝のジェルキャンドル(1,600円)
(2)夏の工作作り体験(竹・木材・瓦の特別体験)
 多目的工房:竹トンボづくり(100円)、竹のガリガリゴマ(200円)、瓦のコースター作り(1,500円)、思い出の手形プレート作り(3,000円)
※多目的工房の体験は8月7、8、14、15日限定となります
 屋外テント:スマートボール作り(1,000円)、アニマルチェア作り(3,800円)
3.体験受付時間
 午前9時から午後4時30分まで
 ※夏の工作体験は午前10時から午後4時まで
4.予約受付期間
 午前9時から午後5時まで(月曜休園日を除く)

夏の思い出作りWeek 夏の思い出作りWeek

問い合わせ

土と火の里公園0274-28-0385

「全国ダムカード展inふじおか」の開催状況

全国のダムカードを一目見ようと北海道から九州鹿児島まで大勢の人が訪れています

詳細

 全国のダムマニア、カードコレクターなど、幅広い年齢層の方々が連日訪れています。
1.事業概要
・全国のダムカード(記念カード・砂防カード・発電所カード含む)1,369枚を展示
・来場者記念ダムカードの配布(2種類を4連休中はセットで配布)
・下久保ダム建設当時のドキュメントムービーの放映(開催期間内の土日祝日)
2.開催期日及び開催時間
 令和3年6月26日(土曜日)から7月25日(日曜日)まで、午前9時30分から午後4時
3.会場
 道の駅 上州おにし(藤岡市譲原1089-2)
4.同時開催
・限定ダムカード等が抽選で当たるスタンプラリー
・特別体験「おにたん・おにりん」を探せ!
5.開催状況及びイベント
・延べ来場者数 ※7月18日(日曜日)時点
 4,306人 (当初予想は3,000人)
・来場者の地域別割合
 県内 53%
 県外 47% (うち埼玉県24%、その他23%)
 北海道から九州鹿児島県まで、全国のダムカードマニアの方が来場
 下久保ダム建設当時のドキュメントムービーを見たくて来館したという方も多い
・スタンプラリー参加者 ※7月18日(日曜日)時点
 2,462人 (千円以上の買い物が参加条件)
 18日(日曜日)から特別企画「おにりん・おにたん」を探せ!が、通常1店舗だったところ、土日限定で5店舗に変更
 10枚限定の特別ダムカード(キングカード)を特賞として用意

問い合わせ

鬼石振興課、にぎわい観光課0274-52-3111


<お問い合わせ先>
企画部 秘書課 広報広聴係
TEL:0274-40-2208(直通)
FAX:0274-24-3252
E-mail:hisyo@city.fujioka.gunma.jp

くらしの場面から探す

結婚
妊娠・出産
子育て・教育
成人・就職
税金
引っ越し
高齢者・介護
お悔やみ
藤岡市役所 〒375-8601群馬県藤岡市中栗須327番地
TEL:0274-22-1211(代表) FAX:0274-24-3252
アクセス藤岡市ホームページについて
藤岡市へのご意見(市長への手紙)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日および年末年始は除く)
水曜夜間窓口 : 住民票の発行や税相談などを行なっています
音声読み上げForeign Languages

Copyright © FUJIOKA CITY. All Rights Reserved.