トップ  >  各課  >  秘書課  >  記者会見令和元年8月19日

記者会見令和元年8月19日

記者会見の内容を公開しました

カナダ・リジャイナ市とのフレンドシップ協定締結について

今後は、文化・教育面での市民交流を進めます

詳細

藤岡市長はカナダ・リジャイナ市を訪れ、リジャイナ市と文化面および教育面の市民交流を目的としたフレンドシップ協定を8月3日に締結しました。この協定は、藤岡市とリジャイナ市が、平成3年から毎年、中学生25名の受入れと派遣を交互に行っており、今後も中学生の交流事業が継続的に実施するとともに、市民グループ同士の交流の発展を目指すものであります。
今回の訪問では、協定締結式の他、藤岡市とリジャイナ市の中学生ホームステイ交流事業の視察やリジャイナ市内の現地視察、行政や教育関係者と意見交換を行いました。
1.日程 令和元年8月2日(金)~8月6日(火)
2.参加者 5名 新井雅博市長、野口靖市議会議長、議会事務局飯島局長、秘書課秘書係中山係長、地域づくり課文化国際係渡邊係長
3.行程
8月3日(土)
・ファーマーズマーケット視察
・リジャイナ市長主催歓迎会
・フレンドシップ協定締結式
・リジャイナ市役所視察
・中学生交換プログラム開会式
8月4日(日)
・リジャイナ大学視察
・ワスカナパークにて交換プログラムの中学生と交流
・農場視察
・協定支援者との意見交換会
8月5日(月)
・現地の教育機関視察(コナットスクール)
・RCMP(カナダ国家警察)見学および訓練生服装点検式の参加
・中学生交換プログラム実行員会との意見交換会
4.協定内容
文化面および教育面を中心とした市民レベルでの国際交流の機会をお互いに設けることにより、国際感覚豊かな人材育成を図る。
5.経緯
平成3年 本市勤務のALTアニタ・ライン・マリーの出身地であるリジャイナ市へ、市内中学生10人を派遣。
平成4年 本市勤務のALTサビーナ・キムの出身地であるリジャイナ市へ、市内中学生10人を派遣。
平成7年 市内中学生15人を派遣。
平成8年 リジャイナ市の生徒10人を受け入れ。
以降、生徒の派遣と受け入れを隔年で行う
平成27年 派遣団がリジャイナ市長を表敬訪問した際に、姉妹都市提携の提案を受ける。
平成29年 市職員を派遣し、リジャイナ市と意見交換を行う。その結果、人的交流・文化交流を中心とした「フレンドシップ協定」を締結していく方向で考えが一致。群馬医療福祉大学とリジャイナ大学が学術交流協定を締結。
平成30年 群馬医療福祉大学看護学部を中心に21人の学生がリジャイナ大学に短期留学。リジャイナ市へ上州藤岡上杉管領太鼓3人を派遣し、太鼓団体同士の交流を深めた。
令和元年 リジャイナ市マイケル・フジエア市長より、フレンドシップ協定締結式への招待状が届いた。リジャイナ市とフレンドシップ協定を締結。

問い合わせ

地域づくり課40-2428

鬼石新名物「鬼めし」について

「第1弾」各店舗独自のおにぎりの開発・販売

詳細

藤岡市鬼石地域商店街の活性化を図ることを目的として「上州鬼めし会」を発足し、第1弾として、昨今のおにぎりブームにあやかり「おにむす」と題し、中華・蕎麦屋・寿司屋・居酒屋のオリジナリティあふれる各店舗独自のおにぎりを開発・販売し、鬼石新名物「鬼めし」を広めます。
また、第2弾も随時発表し、継続的な地域振興策を加速させ、年間を通して観光客で賑わう街づくりを実施します。
1.日時 令和元年8月23日(金)から
2.場所 鬼石地域飲食店および旅館の11店舗
3.店舗名 寿し正、てんぐ家、銀華亭、みかわ食堂、らーめんすぎした、道の駅上州おにし、八塩館、宝寿司、美乃和、しろ、アーノルド
4.事業内容
(1)周知活動のための販売促進事業の実施
(2)各種イベント等での実演販売・PR
(3)その他、本会の目的達成に必要な事業の実施
5.その他 駐車場については各店舗の駐車場の他、おまつり広場を利用していただけます。

問い合わせ

鬼石振興課52-3111

藤岡歴史館夏季企画展講演会について

群馬県立歴史博物館と連携した特別講演です

詳細

令和元年7月27日から藤岡歴史館夏季企画展「埴輪の匠、藤岡にあらわる -埴輪づくりの窯をさぐる」を開催しており、8月31日には群馬県立歴史博物館館長右島和夫さんによる特別講演会を行います。
また、群馬県との連携企画として、期間中に藤岡歴史館で県立歴史博物館の半券を見せるとノベルティをプレゼントしています。
1.日時 8月31日(土)午後1時30分~
2.場所 藤岡歴史館学習室
3.演題 ぐんまの埴輪を考える -藤岡地域の古墳と埴輪窯を中心として-
4.講師 右島和夫(群馬県立歴史博物館館長)
5.定員 50人
6.申し込み 7月19日(金)~定員になり次第締め切り
7.その他 県内12ケ所の古墳を巡るともらえる古墳カード(県文化振興課)を8月3日(土)から配布開始しました。市内は七輿山古墳と伊勢塚古墳の2ケ所があり、古墳を背景に写真またはアプリを藤岡歴史館で見せると古墳カードをプレゼントします。

問い合わせ

文化財保護課23-5997

藤岡市太陽光発電設備設置事業指導要綱について

9月1日から環境保全・自然と調和のためのルールを施行

詳細

市内全域における太陽光発電設備設置事業に関し必要な基準を定め、その適正な実施を指導することにより、設置区域およびその周辺の地域における災害防止とともに良好な自然環境および生活環境の保全に努め、もって自然と調和した地域社会の発展および住民福祉の向上に資することを目的とした指導要綱を令和元年9月1日から施行します。
1.対象事業
太陽光発電設備およびその附帯設備の設置を行うもの
※適用除外
(1)建築物の屋根や屋上で行う事業
(2)設置区域において主に自家用に供するために行う事業
(3)公共団体が公益に供するために行う事業
2.対象面積および地目
1,000平方メートル以上で、地目は問わない
3.手続きの流れ
事業の計画→地区住民等への説明会の開催→事業着手の30日前までに届出書等の提出→市より届出の受理通知→事業着手→事業完了→完了届出書の提出
4.事業者の責務
(1)関係法令を遵守し、設置区域およびその周辺の地域の自然環境および生活環境に十分に配慮し、事故、公害や災害などの防止に努めるとともに、地区住民などとの良好な関係を保つよう努めるものとします。
(2)事業の実施に伴い事故などが発生したときや地区住民などと紛争が生じたときは、事業者の責任において誠意をもってこれを解決し、再発防止のための措置を講ずるよう努めるものとします。
(3)太陽光発電設備を廃止したときは、事業者の責任により周辺地域および地区住民などに配慮して、太陽光発電設備の撤去その他適正な処理を行うよう努めるものとします。

問い合わせ

都市計画課40-2824


<お問い合わせ先>
企画部 秘書課 広報広聴係
TEL:0274-40-2208(直通)
FAX:0274-24-3252
E-mail:hisyo@city.fujioka.gunma.jp

くらしの場面から探す

結婚
妊娠・出産
子育て・教育
成人・就職
税金
引っ越し
高齢者・介護
お悔やみ
藤岡市役所 〒375-8601群馬県藤岡市中栗須327番地
TEL:0274-22-1211(代表) FAX:0274-24-3252
アクセス藤岡市ホームページについて
藤岡市へのご意見(市長への手紙)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日および年末年始は除く)
水曜夜間窓口 : 住民票の発行や税相談などを行なっています
音声読み上げForeign Languages

Copyright © FUJIOKA CITY. All Rights Reserved.