トップ  >  各課  >  その他  >  藤岡市ウェブアクセシビリティガイドライン

藤岡市ウェブアクセシビリティガイドライン

ウェブアクセシビリティガイドラインについて

本ガイドラインの目的

「藤岡市ウェブアクセシビリティガイドライン」(以下、本ガイドラインという)は日本工業規格JIS X 8341-3:2016「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」をふまえ、高齢者や障害者をふくむすべての利用者に「見やすい・探しやすい・わかりやすい」ウェブサイトの作成を目指し、ウェブサイト作成の際に注意すべき点をまとめたものです。すべての利用者に対して便利で役立つ情報を提供し、藤岡市ウェブサイトを通じた情報提供のさらなる充実に努めます。

本ガイドラインの適用範囲

本ガイドラインは、藤岡市オフィシャルサイト(www.city.fujioka.gunma.jp)を対象とします。
 【例外事項】
 ・PDF、Word、Excelなどの添付ファイルは対象外とします。今後、住民の生命・財産・健康に関わるなどの重要な情報を掲載するものから優先的に、可能な限り対応します
 ・外部サービスを利用しているYouTube動画プレーヤー、Googleマップは対象外とします

ウェブアクセシビリティとは

「ウェブサイトを利用するすべての人が、年齢的・身体的条件や利用する環境に関わらず、ウェブサイトで提供されている情報やサービスを利用できること」をウェブアクセシビリティといいます。ウェブサイトの作成方法によって高齢者や障害者などが情報にアクセスできないということを防ぎ、すべての利用者が等しく情報にアクセスできることに配慮して、ウェブページを作成し運営する考え方です。


「見やすい・探しやすい・わかりやすい」ウェブサイトの実現に向けて

  • 1.基本構造
1-1 共通事項 (関連JIS項目 1.4.4・2.4.1・3.2.4)
  • ヘッダーのように、複数ページに繰り返されるコンテンツのブロックは音声読み上げやキーボード操作においてスキップできる
  • 同じ機能をもつシステム(例:「ページのトップにもどる」ボタン、検索システム)はどのページでも同じデザインで提示する
  • 文字サイズは200パーセントまで拡大できる
1-2 ナビゲーション (関連JIS項目 3.2.3)
  • 複数ページにあるナビゲーションは同じ順序で提示する
1-3 キーボード操作 (関連JIS項目 2.1.1・2.1.2・3.2.1・3.2.2・2.4.7)
  • すべての機能はキーボードから操作でき、どこを選択しているか視覚的に認識できる
  • キーボード操作による選択位置の移動では、リンク先への移動などページの変化は起こさない。変化を起こすには決定の操作が必要
1-4 フォームの構造 (関連JIS項目 3.3.1・3.3.3・3.3.4・3.3.6)
  • 入力エラーが発見されたときは、エラー箇所と修正方法を表示する
  • 送信完了前に確認と修正ができるようにする
  • 2.ページ構成
2-1 タイトル (関連JIS項目 2.4.2・2.4.6)
  • それぞれのページには内容が予測できるよう、主題を簡潔に説明したタイトルをつける。その際別のページと重複しないものとする
  • ページタイトルは「群馬県藤岡市|(任意のタイトル)」とする
  • 見出し、およびラベルは主題または目的を説明する
2-2 文章 (関連JIS項目 なし)
  • まわりくどい表現や一文が長くなりすぎることを避け、読みやすく伝わりやすい文章を心掛ける
2-3 問い合わせ (関連JIS項目 なし)
  • ページの下部には「お問い合わせ」ブロックによる署名を挿入する
2-4 ブロックの利用 (関連JIS項目 1.3.1)
  • ブロックは適切に使用する。文字を大きくするために本文を見出しブロックに入力する、テキストブロックにすべて入力し改行や文字の装飾で表現する、などしない
  • 箇条書きは些細なものを除き「画像リスト」や「数字リスト」のブロックを使用する。テキストに「●」「・」などを使い箇条書きを表現しない
  • イベント案内や募集記事では、日時や会場などの情報は「項目説明リスト」のブロックで表す
その他 (関連JIS項目 なし)
  • 各ページの容量は可能な限り小さくする
  • 1ページが長くなり過ぎないようにする。長くなる場合はページ内リンクなどを使い読み飛ばせるようにする
  • 3.表現・表示
3-1 表記 (関連JIS項目 1.3.3・1.4.1・1.4.3・1.4.5)
  • 情報を文字色等の視覚的要素や、形、大きさ、位置、方向などの感覚的要素だけに頼らない。視覚的要素や感覚的要素で表現するときは、併せて文字による説明も行う
  • 文字は極力画像化せず、テキストとして提供する。意味のある文字を画像化する場合はサイズやコントラスト(明暗の差)に注意する。コントラスト比は4.5:1以上
  • 新着情報に表示されるタイトルは名詞だけでなく、内容や結論がわかりやすいものとし文字の装飾を行わない
3-2 言語 (関連JIS項目 3.1.2)
  • 半角カタカナ、機種依存文字を使用しない
    (参考:Windowsの機種依存文字一覧)(PDFファイル)PDFファイル(58KB)
  • 単語内にスペースを挿入しない
  • 数字の表現は一桁では全角、二桁以上は半角とし四桁以上の場合は区切り点(,)を入れる
  • 英字は半角で表す
  • 日時は日本語で表現する
  • 曜日は「(月)」や「(火)」のように省略せず、「月曜日」「火曜日」と表す
  • 専門性の高いページを除き、専門用語や流行語を多用しない
  • 一般にわかりにくい用語があるときは解説をいれるなどして理解しやすいよう配慮する
  • 単位は日本語読みを使用、または併記する
  • 読みにくい人名には読み仮名を併記する
  • 「▲=マイナス」「※=注意」など音声読み上げシステムで読めない記号は使わない
3-3 文字の装飾 (関連JIS項目 1.4.1)
  • 過度な装飾は行わない。シンプルな表現を心掛ける
  • 目立たせたい情報は斜体や太字を使う。赤くするなどの色による区別だけにしない
  • アンダーラインはリンク以外に使用しない
3-4 コントラスト (関連JIS項目 1.4.3)
  • 文字色と背景色との区別に注意し、コントラスト比は4.5:1以上とする
3-5 表 (関連JIS項目 1.3.2・2.4.3)
  • 表組は必要以上に行わない
  • 表を作る際には、読み上げの順序が意味の通じる順になるよう配慮する
  • セルの結合はできる限り行わない
  • 色の選択において「01 緑色」と「05 オレンジ」は使用しない
3-6 動きのある表現 (関連JIS項目 2.2.2・2.3.1・2.3.2)
  • スクロールや点滅を使用する場合は5秒以内に停止するか、利用者が停止できるようにする
  • 閃光を放つ表現を使用しない
3-7 添付ファイル (関連JIS項目 2.4.4・2.4.9)
  • ダウンロードが必要なデータはそのファイル形式とデータ容量を示す。その際ファイル形式は文字で入力し、データ容量はCMSKITのシステムで表示させる(例:〇〇の様式(PDFファイル)(315KB))。アイコンが利用できる場合は併記する
  • PDFは多用せず、情報は基本的にテキストで提供する。PDFで提供する場合は、できるかぎりテキストでも提供する
  • 情報をWordのみで提供しない。またWordを使用する場合、形式は97-2003文書(拡張子「.doc」)を利用する
  • Excelは極力使用しない。使用する場合、形式は97-2003ブック(拡張子「.xls」)を利用する
  • 添付ファイルは新しいウィンドウで表示する
  • 4.画像・音声・映像
4-1 画像 (関連JIS項目 1.1.1)
  • 画像は最小限の容量で作成する。単純に見た目の大きさを小さくしても容量は変わらないことに注意する
  • 画像には、画像の内容を示すalt属性をつける(代替テキストを入力)
4-2 音声 (関連JIS項目 1.2.1・1.4.2)
  • 音声トラックは同じ内容をテキストでも提供する
  • 音声が自動的に流れるシステムは基本的に利用しない。利用する場合は停止ボタンをつける
4-3 映像 (関連JIS項目 1.1.1・1.2.1・1.2.2・1.2.3・1.2.4・1.2.5)
  • 動画は音声ガイドでその内容を提供し、音声付きの動画はキャプションをつける
4-4 ファイル形式 (関連JIS項目 なし)
  • 専用ソフトが必要な場合はその旨を表示する
  • Flash、Javaアプレットは基本的に使用禁止。アニメGIF、Javaスクリプトのみ使用可とする
  • 有償のアプリケーションがないと利用できないファイル形式は使わない
  • 5.リンク
5-1 表示 (関連JIS項目 2.4.4・2.4.5)
  • リンクは、表などを除きリンクテキストからリンク先のページ内容がわかるようにする。リンクテキストを「詳細はこちら」のみや「URLそのもの」にしない
  • ページは新着情報への掲載だけでなく、各課のページから下層ページへの入口(リンク)をつくる
  • 外部サイトへのリンクは、利用者にそのことがわかるようリンクテキストの最後に(外部リンク)もしくは(〇〇サイト)と記載する
5-2 リンク先 (関連JIS項目 なし)
  • サイト内リンクは同一のウィンドウを使用する
  • 官公庁やそれに準ずる組織以外へのリンクは基本的に禁止。必要な場合は広報広聴係へ相談する
  • 6.フォーム
6-1 項目 (関連JIS項目 なし)
  • フォームに入力する内容は必要最小限にする
6-2 表示 (関連JIS項目 3.3.2)
  • 入力する内容や所定の入力方法を明確に示す
  • 7.その他
7-1 ファイル名 (関連JIS項目 なし)
  • ファイル名(URL)は内容がわかる簡潔なものを半角英数でつける。デフォルトで表示される日付を利用したもののままにしない
7-2 禁止事項 (関連JIS項目 2.2.1・2.2.2)
  • 時間制限のあるコンテンツは使用しない
  • ページの自動更新や自動での移動は行わない

<お問い合わせ先>
企画部 秘書課 広報広聴係
TEL:0274-40-2208(直通)
FAX:0274-24-3252
E-mail:hisyo@city.fujioka.gunma.jp

お知らせ

くらしの場面から探す

結婚
妊娠・出産
子育て・教育
成人・就職
税金
引っ越し
高齢者・介護
お悔やみ
藤岡市役所 〒375-8601群馬県藤岡市中栗須327番地
TEL:0274-22-1211(代表) FAX:0274-24-3252
アクセス藤岡市ホームページについて
藤岡市へのご意見(市長への手紙)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日および年末年始は除く)
水曜夜間窓口 : 住民票の発行や税相談などを行なっています
音声読み上げForeign Languages

Copyright © FUJIOKA CITY. All Rights Reserved.