トップ  >  各課  >  文化財保護課  >  養蚕法「清温育」

養蚕法「清温育」

表題

「清温育」とは
明治元年(1868)に発明されたといわれる「清温育」は、明治17年(1884)までに確立されたと考えられています。「清温育」は、人工的に温度と湿度を管理した「温暖育」と、自然にまかせた「清涼育」の長所を取り入れた「折衷育(せっちゅういく)」と言われています。「清温育」の特徴は、気温と換気を重視するとともに、蚕の食べる桑の管理の仕方や、蚕の成長段階に応じた桑の与え方をマニュアル化したことです。

飼育のポイント
「清温育」の具体的な飼育のポイントは
脱皮前(眠期の直前)は給桑量を増やす
この時期は食欲が旺盛なため、給桑量を増やすと体力がつき、丈夫な蚕になる。
天窓を作り、炭火の温めすぎによる濁った空気を抜く
蚕は湿気や乾燥を嫌うため、換気により蚕室の温度・湿度を適切に調整し、清潔に保つ。
蚕座(さんざ:蚕を飼育する場所)は、適度に乾燥した状態にする
桑は各齢に合わせ刻み幅を切りそろえる
食べ残しを少なくし、清潔に保つ。

など、細かく決められていました。


「清温育」の普及
 このように「清温育」は、適度に室内を暖め、温度(21~24度)と湿度を管理し、その飼育日数は35日前後を目標としていました。収穫量は温暖育と清涼育の中くらいですが、手順に従い温度管理に気をつければ、失敗が少なく安全な飼育法といわれていました。輸出生糸の需要増大を背景に、明治期には全国各地で養蚕が行われるようになりましたが、それまで養蚕の経験の少なかった土地や様々な気候の土地においても、その手順に従えばどんな地域でも行うことができたので、全国に広がりました。

さらなる発展
この「清温育」は、その後、弟子たちによってさらに改良され、完成していきました。「清温育」は、ただ「温暖育」と「清涼育」の良い点を取り入れただけではなく、実体験に裏付けられたオリジナル性の高い飼育法でした。
 例えば、蚕室の温度と湿度の管理については、
・秋から春先にかけて着る裏地付きの着物の袷(あわせ)一枚でちょうど良いくらいの室温が良いこと。
・蚕籠(かいこかご)の縁を手で触って人肌と同じ温度なら良いこと。
など、わかりやすく具体的な例えを使い、体験から生み出した飼育法を指導したため、温度計がない養蚕農家でも「清温育」を行うことができました。

<お問い合わせ先>
教育委員会 文化財保護課
〒375-0055 群馬県藤岡市白石1291-1
TEL:0274-23-5997(直通)
FAX:0274-22-6999
文化財保護係・埋蔵文化財係・世界遺産推進係
E-mail:bunkazai@city.fujioka.gunma.jp

お知らせ

くらしの場面から探す

結婚
妊娠・出産
子育て・教育
成人・就職
税金
引っ越し
高齢者・介護
お悔やみ
藤岡市役所 〒375-8601群馬県藤岡市中栗須327番地
TEL:0274-22-1211(代表) FAX:0274-24-3252
アクセス藤岡市ホームページについて
藤岡市へのご意見(市長への手紙)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日および年末年始は除く)
水曜夜間窓口 : 住民票の発行や税相談などを行なっています
音声読み上げForeign Languages

Copyright © FUJIOKA CITY. All Rights Reserved.