トップ  >  各課  >  文化財保護課  >  天陽寺の梵鐘

天陽寺の梵鐘

天陽寺の梵鐘

市指定重要文化財

天陽寺の梵鐘

 梵鐘は、真言宗清福寺のものであったが、明治13年、寺が天陽寺に合寺されたとき、鐘は保美村の警鐘として使用された。また、民俗行事のひとつである雨乞いの時にも使用されるなど、地域と深いかかわりをもち、昭和49年に天陽寺に収められた。
 梵鐘は、総高97cm、径67cm。特徴は胴上部に乳と呼ばれる突起物が、百八煩悩に因む数になっている。胴下部の池の間には、寛政5(1793)年、佐野天明の丸山林八長暉(ちょうき)の製作とある。林八長暉は数ある天明鋳物師の中でも名工といわれ、多くの鋳物製品を手がけたが、現存する製品は極めて少なく、本品は晩年の作でたいへん貴重なものである。 

指定日
平成18年3月1日
所在地
藤岡市保美

<お問い合わせ先>
教育委員会 文化財保護課
〒375-0055 群馬県藤岡市白石1291-1
TEL:0274-23-5997(直通)
FAX:0274-22-6999
文化財保護係・埋蔵文化財係・世界遺産係
E-mail:bunkazai@city.fujioka.gunma.jp

くらしの場面から探す

結婚
妊娠・出産
子育て・教育
成人・就職
税金
引っ越し
高齢者・介護
お悔やみ
藤岡市役所 〒375-8601群馬県藤岡市中栗須327番地
TEL:0274-22-1211(代表) FAX:0274-24-3252
アクセス藤岡市ホームページについて
藤岡市へのご意見(市長への手紙)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日および年末年始は除く)
水曜夜間窓口 : 住民票の発行や税相談などを行なっています
音声読み上げForeign Languages

Copyright © FUJIOKA CITY. All Rights Reserved.