トップ  >  各課  >  子ども課  >  子どもの予防接種

子どもの予防接種

藤岡市では乳幼児、学生に予防接種を実施しています。予防接種には、それぞれ接種に適した対象年齢があり、接種回数、接種間隔など守らなければいけないことがあります。正しい知識を身につけ計画的に予防接種を受けましょう。

予防接種を受けましょう

 お母さんから赤ちゃんにプレゼントした免疫(病気に対する抵抗力)は、生後3か月から生後12か月頃までにほとんど自然に失われます。この時期を過ぎると、赤ちゃんは自分自身で免疫を作り病気を予防する必要がでてきます。また、お子さんは成長とともに外出の機会が多くなるので、たくさんの病気にかかるようになります。予防接種で免疫をつけ、感染症にかからないようにしましょう。
 接種方法は、集団接種(保健センター・学校で実施)と個別接種(委託医療機関で実施)があります。接種の際には「予防接種と子どもの健康」(個別郵送)を必ずお読みください。

※対象年齢内は無料で接種できます。

長期にわたる疾病のため定期予防接種を受けられなかった場合

区分 接種方法 種類 回数 対象者
乳幼児 集団 BCG(結核) 1回 生後1歳に至るまで                ※標準的な接種期間は、生後5月~8月に至るまでです。
個別 ヒブ・肺炎球菌ワクチン ※接種開始年齢により回数が異なります。 生後2月~5歳に至るまで(5歳の誕生日の前日まで)
B型肝炎 3回 生後2月~1歳に至るまで             ※3回目接種は1回目接種から20週以上の間隔をあける
四種混合               (ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)                 1期初回(3回) 生後3月~90月に至るまで                   ※初回3回の間隔は20日から56日まで
1期追加(1回) 生後90月に至るまで                          ※1期初回(3回)終了後、12~18月に達するまで
ポリオ(不活化) 1期初回(3回) 生後3月~90月に至るまで                         ※初回3回の間隔は20日から56日まで
1期追加(1回) 90月に至るまで                          ※1期初回(3回)終了後、12~18月に達するまで
麻しん・風しん混合 1期(1回) 生後12月~24月に至るまで
2期(1回) 5歳以上7歳未満で小学校入学前の1年間
水痘(水ぼうそう) 2回 生後12~36月に至るまで               ※3月以上の間隔で2回接種
日本脳炎 1期初回(2回) 生後6月~90月に至るまで                             ※初回2回の間隔は6日から28日まで
1期追加(1回) 90月に至るまで                        ※1期初回(2回)終了後、おおむね1年後
学生 集団/個別 二種混合               (ジフテリア・破傷風) 2期(1回) 11歳以上13歳未満                              ※藤岡市では小学校6年生に実施
日本脳炎 2期(1回) 9歳以上13歳未満
子宮頸がん予防ワクチン 3回         ※ワクチンの種類により接種間隔が異なります。 中学1年生~高校1年生相当の女子

予防接種の接種間隔

 予防接種には、生ワクチンと不活化ワクチンの2種類のワクチンがあります。予防接種をしてから、次の予防接種を行う日までの間隔は、接種したワクチンの種類によって異なります。下記の表を確認し、きちんと接種間隔を守りましょう。
 同じ種類の予防接種を続けて行う場合には、上記の表で接種間隔をご確認ください。

生ワクチン
定期接種:BCG、麻しん風しん混合、水ぼうそう 任意接種:ロタウイルス、おたふくかぜなど
→27日以上おいて、次の予防接種
不活化ワクチン
定期接種:四種混合、ポリオ、二種混合、日本脳炎、インフルエンザ菌b型(ヒブ)、小児用肺炎球菌、B型肝炎、子宮頸がん 任意接種:インフルエンザなど
→6日以上おいて、次の予防接種

予防接種の予診票について

☆乳幼児の予防接種予診票は、生後2か月以降に接種できる予防接種については個人通知いたします。生後3か月以降に使用する予診票と名前シールは、股関節検診時にお渡しします。「名前シール」を貼ってご使用ください。
※市外から転入された場合は、予診票の差し替えが必要です。予診票を紛失された場合は、再発行ができます。いずれの場合も、母子健康手帳を持って子ども課(保健センター)までお越しください。

予防接種の注意事項

予防接種を受ける前
☆当日は、朝からお子さまの状態をよく観察し、普段と変わったところのないことを 確認してください。予防接種を受ける予定であっても、体調が悪いと思ったら、かかりつけ医に相談し、接種をするかどうか判断しましょう。
☆受ける予定の予防接種について、「予防接種と子どもの健康」(予防接種の個人通知に同封)をよく読んで必要性や副反応についてよく理解しましょう。わからないことは接種を受ける前に接種医に相談しましょう。
☆予診票は接種する医師への大切な情報です。責任を持って記入し、母子健康手帳とともに忘れずにお持ちください。
☆接種にはお子さまの日頃の健康状態について答えられる人が連れていきましょう。
 ※予防接種の効果や副反応などについて、理解した上で接種に同意したときに限り接種が行われます。
予防接種を受けた後
☆予防接種を受けたあと30分程度は、接種会場でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。急な副反応がこの間に起こることがまれにあります。
☆接種後、生ワクチンは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
☆接種部位は清潔に保ち、接種当日は激しい運動は避けましょう。当日の入浴は差し支えありませんが、接種部位をこすらないでください。
☆接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。
下記の項目に該当する場合は接種ができません
☆明らかに発熱しているお子さん(通常37.5度以上)
☆重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子さん
☆その日に受ける予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシー(通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応)を起こしたことが明らかなお子さん
☆その他、医師が不適当な状態と判断した場合

個別予防接種の受け方

☆県内の契約医療機関であれば、無料で受けることができます。
☆接種日時については、各医療機関に事前に電話で予約をしてください。ただし、電話は診療時間内にお願いいたします。
☆接種当日は、予診票と母子健康手帳、健康保険証、福祉医療受給資格者証などを持参してください。


<お問い合わせ先>
健康福祉部 子ども課 元気子育て係
TEL:0274-40-2268(直通)
FAX:0274-22-7502
E-mail:kodomo2@city.fujioka.gunma.jp

お知らせ

くらしの場面から探す

結婚
妊娠・出産
子育て・教育
成人・就職
税金
引っ越し
高齢者・介護
お悔やみ
藤岡市役所 〒375-8601群馬県藤岡市中栗須327番地
TEL:0274-22-1211(代表) FAX:0274-24-3252
アクセス藤岡市ホームページについて
藤岡市へのご意見(市長への手紙)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日および年末年始は除く)
水曜夜間窓口 : 住民票の発行や税相談などを行なっています

Copyright © FUJIOKA CITY. All Rights Reserved.