トップ  >  各課  >  健康づくり課  >  熱中症に気をつけましょう

熱中症に気をつけましょう

熱中症に気をつけましょう

熱中症に気をつけましょう

気温が上がり、熱中症が増える時期になりました。熱中症は、梅雨の合間に突然気温が上がった日や、梅雨明けの蒸し暑い日など、身体がまだ暑さに慣れていない時期に起こりやすくなります。

また、高齢者や小さなお子さんは、体温調節機能が低いため、一層の注意が必要です。
直射日光の当たらない家の中で、しかも熱帯夜のような時には、寝ているうちに熱中症になることもあります。
熱中症予防のためには、普段からの心掛けや周囲の配慮が必要です。

熱中症は予防が大切です。

熱中症は、重症になれば死にいたることもありますが、予防法を知っていれば防ぐことができます。


熱中症の予防法
◎こまめに水分補給をする
 →日常生活で摂取すべき量は、お茶や水を1日1.2リットルが目安
◎汗をかいた時は、塩分補給も忘れない
  →経口補水液やスポーツドリンクなどが最適、食塩水(水1リットルに食塩1~2g)も有効
◎涼しい服装を心がける
◎日傘をさしたり、帽子をかぶる
◎食事をしっかりとる
◎エアコンなどを上手に活用する
◎体調の変化に気をつける

熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です
高齢者は、加齢によりのどの渇きに対する感覚が鈍くなります。そのため、脱水状態に陥りやすくなります。
普段からのどが渇かなくても、こまめな水分補給を心がけましょう。

熱中症の応急処置

熱中症は急速に悪化します。

めまい、筋肉痛、頭痛、吐き気など、熱中症を疑うような症状が現れたら、無理をせずに涼しい場所へ移動して、体を冷やしたり、水分をとって休むようにしましょう。

失神、意識がない、呼びかけしても返事がおかしい、自力で水分がとれないときは、すぐに医療機関への搬送が必要です。早めの対応をお願いします。


<お問い合わせ先>
健康福祉部部 健康づくり課
健康増進係 TEL:0274-40-2808(直通)
FAX:0274-22-7502
E-mail:kenko@city.fujioka.gunma.jp

お知らせ

くらしの場面から探す

結婚
妊娠・出産
子育て・教育
成人・就職
税金
引っ越し
高齢者・介護
お悔やみ
藤岡市役所 〒375-8601群馬県藤岡市中栗須327番地
TEL:0274-22-1211(代表) FAX:0274-24-3252
アクセス藤岡市ホームページについて
藤岡市へのご意見(市長への手紙)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日および年末年始は除く)
水曜夜間窓口 : 住民票の発行や税相談など午後8時までできます

Copyright © FUJIOKA CITY. All Rights Reserved.