トップ  >  各課  >  文化財保護課  >  施設内の様子

施設内の様子

表題

母屋兼蚕室(母屋)
母屋

蚕室には障子の欄間や天井のコマガエシが付けられました。
屋根には天窓(「気抜き」「櫓(やぐら)」「越屋根」ともいう)と呼ばれる換気用の小屋根が3つあり、各部屋には火鉢が置かれました。これにより、通気をよくし、温度、換気の管理・調節ができるようになっていました。

母屋兼蚕室(蚕室)
蚕室

温度と換気の微調整を行うため、2階床下には火鉢を置くボックスが設置されました。また、換気のため棚の下は1階から2階へと空気が吹き抜けるように、開閉できる構造となっています。

長屋門
長屋門

長屋門は江戸時代後期の建築と考えられ、現在は瓦葺ですが、以前は板葺屋根だったと思われます。中には門番が住んでいた部屋があり、土間と小部屋に分かれています。

焚屋(風呂)
焚屋(風呂)

母屋兼蚕室の裏には焚屋(風呂)があります。
東西6.4メートル、南北2.9メートル。
内部は向かって右側が焚屋、薪倉庫、左側が風呂になっています。

桑貯蔵庫
桑貯蔵庫

母屋兼蚕室と焚屋のさらに奥に、石垣で囲まれた桑貯蔵庫があります。
内側の大きさが東西4メートル、南北4.5メートル深さ2.6メートルです。
貯蔵庫として使われていた頃には屋根と壁があり、内部は仕切り壁で分けられ、はしごを降ろす場所がありました。

外便所
外便所

壁は三面が漆喰壁、東側一面は下見板張り。
南面には格子の小窓が配置されています。
内部は大便所が東側に2ヶ所、西側に1ヶ所配置され、その間に小便用があります。
内部の漆喰壁には生徒が書いたと思われる落書きが残っており、保存処理をして母屋内の資料室に展示しています。


<お問い合わせ先>
教育委員会 文化財保護課
〒375-0055 群馬県藤岡市白石1291-1
TEL:0274-23-5997(直通)
FAX:0274-22-6999
文化財保護係・埋蔵文化財係・世界遺産推進係
E-mail:bunkazai@city.fujioka.gunma.jp

お知らせ

くらしの場面から探す

結婚
妊娠・出産
子育て・教育
成人・就職
税金
引っ越し
高齢者・介護
お悔やみ
藤岡市役所 〒375-8601群馬県藤岡市中栗須327番地
TEL:0274-22-1211(代表) FAX:0274-24-3252
アクセス藤岡市ホームページについて
藤岡市へのご意見(市長への手紙)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日および年末年始は除く)
水曜夜間窓口 : 住民票の発行や税相談などを行なっています

Copyright © FUJIOKA CITY. All Rights Reserved.