トップ  >  各課  >  文化財保護課  >  平井城跡

平井城跡

平井城跡

県指定史跡

平井城跡

 足利尊氏は室町幕府の成立に際し、鎌倉幕府のあった関東を特に重視し、鎌倉府を設置します。鎌倉府には鎌倉公方と鎌倉公方を補佐する関東管領を設けます。鎌倉府の組織は幕府とほぼ同じで、与えられた権限も大きかったため、やがて将軍に反抗するようになりました。

復元された堀と橋

 6代将軍足利義教の時には、長らく幕府と対抗関係にあった鎌倉公方足利持氏との関係が決裂します。このとき関東管領であった上杉憲実は、反幕行動を露骨にあらわす持氏を常に制したため、公方と関東管領との関係も次第に対立的なものへと変化していきました。1438(永享10)年持氏の反感をより強めた憲実は、鎌倉山内館にいられなくなり、平井城に退去します。持氏は平井城に兵を向け、直接的な武力行使に及びます。これに対して持氏の出兵の報を受けた義教は討伐軍を送り、翌年持氏を滅ぼします。

 この一連の事件は「永享の乱」と呼ばれていますが、この永享の乱の舞台となったのが、平井城です。平井城は築城から廃城まで百数十年経過しており、この期間に何度も改修を受けています。したがって、わたしたちが現在目にしている姿は、永享の乱当時の状態を必ずしもとどめてはいません。このため、整備については発掘調査の結果を基に平井城在城の最終段階と捉えられる16世紀中頃の時期を設定し、復元整備を行っております。

指定日
平成11年4月30日
所在地
藤岡市西平井

<お問い合わせ先>
教育委員会 文化財保護課
〒375-0055 群馬県藤岡市白石1291-1
TEL:0274-23-5997(直通)
FAX:0274-22-6999
文化財保護係・埋蔵文化財係・世界遺産推進係
E-mail:bunkazai@city.fujioka.gunma.jp

くらしの場面から探す

結婚
妊娠・出産
子育て・教育
成人・就職
税金
引っ越し
高齢者・介護
お悔やみ
藤岡市役所 〒375-8601群馬県藤岡市中栗須327番地
TEL:0274-22-1211(代表) FAX:0274-24-3252
アクセス藤岡市ホームページについて
藤岡市へのご意見(市長への手紙)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日および年末年始は除く)
水曜夜間窓口 : 住民票の発行や税相談など午後8時までできます

Copyright © FUJIOKA CITY. All Rights Reserved.